ADHD(発達障害)を幸せにデザインする

こんにちは、比嘉です。

僕は「人生を自分でデザインしよう!」って
テーマで長年発信し続けてきました。

人生ストーリーは山あり谷あり。

お金持ちの家に生まれる人もいるし
貧乏な家に生まれることもある。

ルックスに恵まれる人もいればそうでも
ない人もいる。

人生ゲームで最初に配れるカードが違うし
それぞれ課題が違いますよね。

ここで一般的には


「あー、アイツはお金持ちでイケメンだから
ずるいし、俺は不幸だ〜」


って人生デザインになりやすい。

特に自分の努力ではどうしようもないような
先天的なものだと幸せに人生をデザインするのが
難しいってケースもあると感じます。

今回はケーススタディ編として僕自身の
人生ストーリーである


「ADHD(発達障害)を幸せにデザインする」


ってテーマをシェアしたいと思います。

最初に配られた人生の初期設定カードの中で
何らかのハンディキャップを感じるカードに
置き換えて読んで頂けれれば幸いです。


━…━…━…━…━…━…━…━

ADHDって聞いたことありますか?

━…━…━…━…━…━…━…━


実は僕は今まで公に公表した事はないですが
ADHD(注意欠陥多動性障害)という診断を
病院で受けた事があります。

Attention-Deficit Hyperactivity Disorder

いわゆる発達障害という概念の1つに挙げられ
先天的な脳の障害だと言われています。

近年は大人のADHDの話題をよく見かけるし
ご自身がADHD当事者だったり当てはまるって
感じるクルーもいるかと思います。

このテーマを語る上で欠かせないDSM-5の
「精神疾患の診断・統計マニュアル」って
本を読んでたら


・子供の約5%、成人の約2.5%


これがADHDの割合とのことでした。

発達障害というと他人事に感じるかもですが、
けっこう身近なものです。

クラスに1人くらいいる、少し変わった人。

このニュースレターを読んでいるクルーの中にも
必ずいる計算になりますし、僕の発信を目にして
登録しようと感じる時点で普通の人ではないって
気もします(笑)。

ADHDは大きく言えば、

1:不注意(集中力がない、気が散りやすい)
2:衝動性(計画性がない、突発的に動く)
3:多動症(じっとしていられない)

この3つの特徴があります。

(厳密にはDSM-5の定義では12歳以前から
2つ以上の状況で上記のような傾向が頻繁に
見られる人のこと=ADHD)

確かに僕は子供の頃からADHD傾向が強くって
いろんなことに気が散りやすいタイプだったし
学校とか規則正しくちゃんしなければいけない
場所は耐えきれない子供でした。

あなたはいかがでしょうか・・・?

ネット上の診断はかなり適当なものが多いので
興味があればDSM-5の本を図書館とか行って
読んでみることをオススメします。

発達障害はグラデーションになっているので
誰しもが多かれ少なかれ該当します。

その凸凹がハッキリ目立っている人の事を
現代精神医学ではADHDと呼ぶ感じ。

実は誰もが“グレーゾーン”といえる。

発達障害という名前がインパクトがあって、
この障害は社会生活における生きづらさに
繋がったりします。


━…━…━…━…━…━…━…━

パニック障害の原因=ADHD

━…━…━…━…━…━…━…━


僕がADHDだとわかったのはインド帰国後に
原因不明の「パニック障害」になり通っていた
精神科の病院でした。

これはけっこうキツかった・・・。

恋している訳じゃないのに心臓バクバクで
息が苦しくなってしまう(笑)。

ADHDのことは公にしていなかった事もあり
原因不明でぶっ倒れたって話をしてました。

参照:インドを一人旅、その後廃人に・・・(24歳)

エピソード5:インドを一人旅、その後廃人に・・・(24歳)

先天的なADHDであることとパニック障害は
その二次障害だったことがだいぶ後になって
わかりました。

ざっくりいえば、


「過集中の反動×想像力の暴走×栄養失調」


これがパニック障害を引き起こしていたと
判明したんですね(笑)。

僕は子供の頃から生活することに興味がなくって
ずっと苦手だったんですがパニック障害というのを
キッカケにちゃんとご飯を食べる&お金も稼げる
ようになり心身ともに健康になりました♪


━…━…━…━…━…━…━…━

なぜ公表しようと思ったのか?

━…━…━…━…━…━…━…━

 

先日10年くらい前から主治医みたいな感じの
(パニック障害のときからお世話になっている)
お医者さんに


「僕はADHDを不幸なエピソードだと感じないし
人生の考え方次第だと思うんですよね〜」


ってお話をしていたら、、、。

何か先生の心のスイッチを押したらしく、

「本当にそうなんですよー!」

って感じで先生が興奮し出して、

・ADHDは病気ではなく特性の1つであること
・多くの場合は障害を欠点だと感じて生きている
・凸凹があるのが人間であり違いがあって当然
・ADHDはデメリットだけではなくメリットもある
・比嘉さんは特性を活かして成功した稀有なタイプ

ってことを熱弁されて


「比嘉さんのADHDや発達障害に対する考え方を
ぜひ広めていって欲しい」


ってアドバイスを頂きました(笑)。

僕がADHDであることを公にしなかった理由は
大きく言えば2つあります。

1つ目は、


「発達障害だけど頑張って克服したストーリー」


って人生デザインにしていないこと。

発達障害はセンシティブなテーマです。

人によってグラデーションの濃さが違うわけで
僕がADHDの代表だというスタンスで語るのは
荷が重いし伝えたいことではありません。

僕が不登校を不幸なストーリーとして語って
いないのも同じ理由です。


━…━…━…━…━…━…━…━

〜風のエレメントの学び〜
幸せに人生をデザインするために

━…━…━…━…━…━…━…━


2つ目はこれが根本的な理由ですが、


「ADHDが発達障害であり生きづらい人というのは
モノの見方考え方の1つに過ぎない」


って考えているからです。

視点や切り口の1つだということ。

僕はこれを「風のエレメントの学び」と呼んでいて
タロットカードでいえば「剣のカード」として
描かれているものです。

視点=風のエレメントの剣

僕のケーススタディでいえば、


「現代精神医学という視点(剣)で僕を切って
診断したらADHDいうカテゴリーに属する」


ってことですよね。

しかも・・・。

それが生きづらいという視点(剣)だったり、
不幸になるというのも数多くある視点(剣)の
1つに過ぎません。

100年前だったらADHDという剣がない。

100年後の未来人が僕を診断したとしたら
また違った病名がつくかも知れない。

それぐらいコロコロ変わるものと自分自身を
くっつけて悩むのはもったいない。

時代によっても風(視点)は移り変わる。

僕ら現代人は情報過多の時代に外部に映る
いろんな剣で自分や周りの人たちを無自覚に
切り刻んでいます。

今、採用している剣が不幸を刻んでいるなら
別の剣に変えて、人生をデザインしてみると
まったく違った切り口が生まれますよ。

視点や切り口は1つではありません。

いろんな風を感じ取って自分が幸せを感じる
風の剣の使い手になりましょう♪

今回は風のエレメントの学びというテーマを
お話しました。

それ以外にも火、水、地があります。

人生ストーリーは占星術やタロットなどの
哲学的アプローチで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【4つのエレメントの学び】

☆火のグループ(↑上にあがる)
牡羊座、獅子座、射手座

・火で上の精神性や抽象性で考えてみたり・・・

☆風のグループ(← → 横に広がる)
双子座、天秤座、水瓶座

・風の横視点で切り口をいろいろ変えてみたり・・・

☆水のグループ(→ ← くっつく)
蟹座、蠍座、魚座

・水で異なるものを混ぜてくっ付けてたり・・・

☆土のグループ(↓ 地に足をつける)
牡牛座、乙女座、山羊座

・地で1つにまとめたり形にしてみしたり・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こんな感じで「4つのエレメント」で考えると
ニュートラルなところから人生デザインできて
オススメです。


なにかご質問&ご要望などありましたら、
どんどん送ってください。

それでは、ありがとうございました!

比嘉


P.S:今日のBGMコーナーです。

風をテーマにした配信が続いたので
そこからのセレクトで

風をあつめて / はっぴいえんど

いろんな風をあつめて素敵な風の使い手に
なりたいですね♪

余談:昔、細野晴臣さんのホロスコープを読んでたら
水のグランドトラインで「水をあつめて」た。