これからの時代に価値があるものとは?

こんにちは、比嘉です。

前回は「Xmas特別企画」のお知らせを
お届けしました。

2020年占星術マスタープランセッション

2020年占星術マスタープランセッション


来週から占星術のセッションラッシュに
なりそうです♪

メッセージを見ていると・・・

「比嘉さんと1度お話してみたかった」
「占星術の世界に興味があった」
「2020年は飛躍の1年にしたい」

的なメッセージが多かったですね。

ありがとうございます^^

あと意外に多かったのが、

「2020年のメインテーマが明確には
決まっていないので、占星術的な視点で
一緒にデザインしてもらえると嬉しい」

ってご要望でした。

確かに、この時期だと今年の棚卸し&
来年の目標を一緒に考えるセッションも
面白そうだなって感じました。

例えば・・・。

・あなたの出生図の重要キーワード
・天職、仕事、パートナーシップ
・2020年の時代の流れとの調和

この辺りのキーワードで一番興味のある
ポイントからお話ししていって


「2020年のメインテーマをデザインする」


ってパターンもOKですよ。


===============

2020年以降に価値があるもの

===============


僕は占星術の活用法として、

・自分の人生をデザインする
・自分の成功法則を創造する
・パートナーシップを考える
・時代の流れとシンクロする
・自然のリズムと調和する
・etc.

この辺りをオススメしています。

一般的な吉凶占いのイメージとは違って
クリエイティブな活用法です。

2020年以降は答えのない時代。

いい学校に行き、いい会社に入り、
いい就職をして、老後は年金暮らし・・・

こういうたった1つの正解がある時代は
終わりを迎えました。

そういう時代において答えがあるテーマや
データ化できるものはAIには敵わないし、
価値は限りなくゼロになる。

起業やビジネスは顕著かも知れません。

従来のマーケティング手法というのは、
ホットマーケットに参入してリサーチし、
ライバルと差別化する。

USPの時代でした。

ただ、その流れでビジネスをすると必ず
ライバルと競争になってコモディティ化を
避けることができません。

世界にたった1つしかないものは何か?

それは“あなた”そのものです。

僕らは自分自身ともっと深く対話していき、
何のために生まれて、何をして生きるのか?

汝自身を知れ。

自分は誰なのか・・・?

それを考えるのがビジネスで成功するにも
理想のパートナーシップを構築するためにも
とても大切だと感じます。

これは誤解している人が多いんですが、
占星術は“統計学”ではありません。

基本的には


“あなたの出生図のホロスコープは
世界にたった1つしかないから”


です。

双子でも4分ずれたら同じにならない。

当たり前ですが、1つしかないものは
統計になり得ません。

AIが参入することができない。

人間がやる最後の領域だと思う。

これからの時代の大きな転換期において、
占星術やタロットのような人類の叡智&
最高のクリエイティブツールというものは
もっとも価値があると確信しています。

斎藤さんは来年をどんな1年にしたいですか?

もし、2020年の1年間のマスタープランを
あなたの世界に1つのホロスコープをベースに
デザインしたい場合は、

>>月のカレンダー付きお申し込みフォーム


こちらのお月様カレンダー付きのフォームから
メッセージを送って下さいね♪

2020年が素敵な1年になりますように・・・。


それでは、ありがとうございました!

比嘉


P.S:今日のBGMコーナーです。

今年(2019年)はアナログレコード熱が
復活した1年でもありました。

尾崎紀世彦 ゴッドファーザー~愛のテーマ~



15年振りぐらいにレコード屋さんに行って
ディグってゲットした曲を♪

映画も好きですが、この尾崎さんヴァージョンも
カッコ良すぎます。