ビットコインと未来の通貨

(※2年ほどに配信したニュースレターより転載)

こんにちは、比嘉です。

最近(というか数年前から)クライアントさんや
CFCメンバーさんから、

「ビットコインについてどう思いますか?」


って質問を頂く機会が増えました。

個人的には投資はしないので、
その辺りは分かりません。

ただ、僕は(ミヒャエル・エンデの影響が
大きいかもですが)独自通貨とか
お金の未来にはずっと興味がありました。

その意味で言えば、ビットコインの
バックストーリーは、これまでの通貨とは
違うバックボーンから生まれていて、
興味深いなと思っていました。

例えば・・・。

謎の人物のたった9ページのアイデア(論文)から
ビットコンが生まれた・・・。

サトシ・ナカモトの伝説の論文はこちら↓

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System
https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

・サトシ・ナカモトの正体は誰なのか?
・どんな背景でビットコインは誕生したのか?
・政府を介さない通貨の創造は可能か?

こういう背景のストーリーは映画のように波乱万丈だし、
ワクワクしますね(笑)。

個人的には中央銀行制度には疑問を感じるし。

ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)を使う
未来というのは面白そうだなって感じます。

そういえば・・・。

一番最初にビットコイン決済を導入した
企業の1つがWordPress社だった気がします。

2012年ぐらいだったかな。

WordPressってけっこう革新的な
企業スタイルなのかも。

あと金融ということでいえば、


私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。
そうすれば、誰が法律を作ろうと、
そんなことはどうでもいい

by:ロスチャイルド


この言葉も興味深い。

もうちょっと突っ込んだ未来世界を
イメージすると究極系はビットコイン
ではなく物々交換かも知れない。

原点回帰で物々交換の時代になるのも面白い。

お金や暗号通貨は上がり下がりも当然大事ですが、
「バックストーリーに共感できるもの」を使うのも
大切だと思います。

それでは、ありがとうございました!

比嘉


P.S:今日のBGMコーナーです。

Dire Straits – Money For Nothing