ゴースト・イン・ザ・シェルを観てきました。

(※2017年の旧ブログより転載)

こんにちは、比嘉です。

先日、映画館で「ゴースト・イン・ザ・シェル」を
観てきました。

GW中は混んでそうで、連休明けにゆっくり堪能しようと
思ってたら終了直前でギリギリセーフ!!

危なく見逃すところでした(笑)。

もし、お近くの映画館でまだ上映されている場合は
攻殻ファンからすれば賛否両論あると思いますがw
観てみると面白いかと思います。

攻殻機動隊を知らなくても楽しめるはず。

僕らが生きているうちに、あの未来世界が訪れるかも
知れません。

攻殻機動隊の魅力について。

原作者の士郎 正宗は天才だと思う。

インターネットも人工知能の進化も未知数だった
1980年代の終わり頃に、この世界観を描ける
先見の明はすばらしい。

マトリックスの元ネタとして有名。

ウォシャウスキー兄弟は、攻殻機動隊の大ファンで
そこからインスピレーションを受けてマトリックスを
作ったと公言しています。

個人的に一番興味を惹かれたのは、

「僕ら人間とロボットが融合していく未来世界の
重要キーワードを”ゴースト”として描いたこと」

です。

ブレードランナーもそうなんですがSFで好きな作品は
メインテーマが哲学的というか精神世界的なところに
つながっていくのが面白いですね♪

ゴースト・イン・ザ・シェルの予告編はこちら↓